カテゴリー
未分類

ビューティー家電では多くのラインナップを揃えるパナソ

ビューティー家電では多くのラインナップを揃えるパナソニック。その中で、ソイエという脱毛器が採用しているのは、専用のヘッドで複数の毛を根元から抜く方式のため、慣れないうちはかなり痛さを感じるようです。
敏感な部位への使用は難しいでしょう。複数抜くので、毛抜きの脱毛に比べたら便利です。肌をおさえて毛だけを立たせて抜くので優しい脱毛だと謳っていますが、刺激が強いので、脱毛後の皮膚に血がにじんできた、埋没毛ができて次の自己処理がしにくくなったという刺激あるある的な感想も見受けられます。お風呂で使える手軽さや、消耗品の買いやすさなどもあり、それなりに使われているロングセラー商品です。
脱毛を繰り返すことで抜けやすくなり、痛みが減っていくという意見もあります。
痛みに強い方や、痛みを感じにくい部位には向いているかもしれません。お顔の脱毛をサロンで施術してもらうときは、自分が気にしている箇所をきちんと伝えて、どことどこが施術が受けられるのかを詳細な説明を受けて理解することが大事です。
ライトを照射するいわゆる光脱毛では、目を避けて施術します。これにはみなさんたいてい納得されますが、眉を含む目の周囲全体が、施術の対象から外されています。
メラニンやホクロはメラニンを周辺部位より多く含むという理由から避けなければなりませんし、にきびが治っていない部分も施術が受けられないでしょう。
状態によって受けられることもあるので、来店予約がとれたら、なるべく肌のコンディションが良くなるよう気をつけておくのも大切ですね。
施術が終われば、すぐにメイクも可能ですが、脱毛後の素肌は敏感になっているのでメイクを落とすときの強いクレンジング剤の刺激で周辺の肌に影響することもありますので、メイクをするだけでなく落とすときのことも考慮した上で、ある程度のメイクに留めるようにしたほうが無難です。
メイクの有無によらず、こすったりするのは意外と刺激になりますので、水滴や汗などはタオルでそっと押さえるようにしましょう。楽天ランキング1位を受賞したこともあるツーピーエスは、サロンクラスのハイパワーによる脱毛が自宅でできる、家庭用IPL脱毛器で、出力を調整できるから、デリケートゾーン(アンダーヘア)の脱毛も無理なく自分でできてしまいます。
IPL光はサロンでもお肌のくすみやメラニンケアとして採用されてきた方式ですので、カートリッジを交換すればサロンに行かなくても手軽にエステ効果が得られます。
カートリッジひとつで132000回照射できるので、1回当たり0.05円と比較的リーズナブルに全身用の脱毛器として使用できるでしょう。
パワーがあるので男性の毛質にも対応でき、きめ細かい出力調整(8段階)なのでデリケートな部分の脱毛にも対応しているのも特徴といえるでしょう。ノーノーヘア(no!no!HAIR)は、テレビCMでも「抜かない、剃らない、脱毛器」と言うように、熱処理でムダ毛を除去するタイプ(サーミコン方式)の家庭用脱毛器です。
光脱毛方式と違うのは刺激を与えるのが肌ではなく毛という点で、肌にダメージを与えにくいというのがウリのようです。毛を挟んで熱を伝えて焼き切るタイプなので、処理時のニオイの発生は避けられません。
この製品の良い点はコンパクトで、一見すると脱毛器に見えないデザインでしょう。何度かリニューアルされていますが、どれもスタイリッシュなのには脱帽です。
でも、クチコミを見ていると、数々の感想の中で「効果を感じない」というのがたくさんあるのが気になるところではあります。
ただ、発毛サイクルごとにこまめに使用していけば、ムダ毛が薄くなったという人もいます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です